トップ テント & タープ BIGSKY INTERNATIONAL SOUL TENT / ビッグスカイ インターナショナル ソウル テント
BIGSKY INTERNATIONAL SOUL TENT / ビッグスカイ インターナショナル ソウル テント


BigskyInternationalは米国でウルトラライト黎明期よりULでありつつ頑丈な良質なテントを開発するメーカーです。日本では近年上陸したWispテントが有名ですがこのブランドの真骨頂はDACポールを使った自立テントのシリーズ。
このSoulシリーズはシンプルなダブルウォールテントで、インナーテントのバスタブは深く、雨に強い。
また、二本のポールをかっちりとクロスさせ、日本のアルプスエリアの強風下でも安心して使えるアルパインユースもいけるモデルです。

1人用であるSoulTentはフロアが横92cm×縦210cm、荷物は足元に置ける自立用としてはゆったりとしたサイズでありながら設営は最低限4本のペグ、余分なガイラインでテンションをかける必要もないので、ツェルトや他のワンポールテントのようにテントサイトで余分なスペースが必要にならないのが魅力。
悪天候で停滞してもゆっくりと時間を過ごせる余裕をもった作りは他メーカーのテントでは得られない安心感をまとっています。

またSoul Tentは別名”Moonlight”Tentと呼ばれておりフライシートを半分たくし上げて留めておくことで夜空を見て風を感じながら泊まることが出来るギミックが隠され、カウボーイキャンプさながらのワイルドな夜を過ごすことができます。
またこのフライは下部からも巻き上げることで入り口以外に横に風を通すことができるのもユニークな点。
蒸し暑い夏の低山や炎天下の海辺でのキャンプでは日陰を作りながらつめたい風を取り入れるのに一役かってくれます。

設営はあっという間でいつでもどこでも変わらない安心感を持ちながらも
気候に合わせて風の通り道を作ることができるのはこのテントだけの魅力。

NEMOやMSRの最軽量モデルに比べて920gというスペックは一見重たいように思うかもしれませんが、二本のポールをしっかりとクロスさせる耐風性能を持ちながらでは、やはり頭一つ出ているスペックだと思います。

夏のアルプス縦走から秋の低山月見シーズンまで変わらぬ安心感をもたらしてくれるよくできた自立テントだと思います。




▼ 画像をクリックすると拡大します。




BIGSKY International
 


定員 1人
 
本体重量 928g
 
広さ ※下記イラスト参照
 
素材 フライ: SuprSil™-UL fabric
フロア: 40D nylon PU coated
ポール: Ultra Light weight aluminum poles
 
カラー   Gray
 
備考 スタッフサック付属





  差しやすい地面で活躍
超軽量ピンペグ
簡単には曲がらない
抜けにくいY字ペグ
     
       
  vargo
Titanium TentStake
TOAKS
Titanium V-shaped Peg
     
           


MHのgostやテラノバのレーサーシリーズに比べると横のゆったり加減が全然違うのでただ寝るということでなく、テント内で時間を過ごすというゆっくりな山旅に合うテントだと思います。
フライもしっかりと空間を開けてペグダウンできるので雨の吹き込みなどもしっかり防御。
良くできてるなーと唸る最高の自立テントだと思います。

writing / Chiyo




型番
LO-BS-02
販売価格
36,000円(税込38,880円)
在庫数
売切れ中





20,000円以上のお買い物で
送料無料
営業時間
12:00ー18:00
定休日
土曜・日曜
問い合わせ窓口
03-6884-8143