トップ クッカー & カトラリー Bushbuddy Stove Bush buddy Ultra / ブッシュバディストーブ ブッシュバディウルトラ
Bushbuddy Stove Bush buddy Ultra / ブッシュバディストーブ ブッシュバディウルトラ
※2017.3.28(火) 19:00~ 再販します。


Back Packing LightのRyan Jodanが制作を依頼し、燃料を気にせずハイクスタイルを劇的に変えてくれるアイテムとして人気を集めたウッドストーブ “Bussh Buddy ULTRA”
生みの親であるFritz Handelさんは高齢で近年は生産のペースが落ち、なかなか入手できない状態が続いていました。

そしてFritzの唯一の弟子であったJeff Tinkerは
2012年にブランドNOMADIC STOVEを立ち上げましたが2017年、正式に“Bussh Buddy"のブランドを合併し引き継ぐことになりました。

ブランド名だけでなく卓越したクラフトマンシップはそのままに、"made in USA" and uses "100% U.S. materials"を
スローガンに掲げ、最高級のステンレスのみをこだわり抜いて作り上げます。
TREKKER ULTRAは中でも一番薄い部材を使い、先代のULTRAよりも軽く仕上げている逸品。

Bussh BuddyStoveの一番の特徴は、
二次燃焼を引き起こす独特の2重構造にあります。
下から空気を取り込み、上部に逃がす設計から、強い燃焼力と地面に直接ダメージを与えないという利点があります。
使用していても安心で、燃焼させながら手で持てる温度で使用できます。
濡れた枝でさえも“白い灰”になるまで効率的に燃え、他のストーブには真似が出来ない時間、例えば一晩中お湯を沸かし続ける事も可能です。

枝を燃料にできると冬場は手を温めたり
プラティパスなどの凍結防止のお湯を作るのも容易になり
ひと味違ったハイクスタイルが楽しむ事が出来るはずです。

溶接箇所の一つ一つに熱い想いが宿る本物のウッドストーブ
大量生産される模倣品とは一味も二味も違います。 NOMADICStoveからBussh Buddyへ。
本物を愛するあなたにこそ使って欲しい逸品です。


▼ 画像をクリックすると拡大します。






▼動画1
火入れから沸騰までモデルが張り切ってこれでもかと枝を入れていきます。
太めの枝も無理なく燃えて行きながらも最後のまっさらな地面は驚き。


▼動画2
EVERNEWの鍋、ECA265の蓋をフライパンとして使った動画
オリーブオイルをつけておけばこげないのに... 2分35秒頃からの火力の持ち直しは必見。



Bush buddy (ブッシュバディ)



 


 
重量 本体:115g
五徳 :27.5g
合計:142.5g
 
サイズ 本体
直径:108mm
高さ:95mm

五徳
高さ:51mm
 
素材 ステンレス
 
備考 ・本製品は10年保証が付いておりますので、不良故障等があった場合は当店までお問い合わせ下さい。
・スス対策として薄いポップアップビニール袋などに本体を入れてから鍋に収納するのがお勧めです。
 




B.BStoveは特許関係のことに無知であったことから中国の大量生産の模倣品に苦しめられた部分がありました。そういったものは溶接箇所が酷いものなどがあり、道具としてなにかが決定的に足りないものもあります。それを使うのも個人の自由ですが なにか違うな、と思っていたのは私だけではない筈。

Bushbuddyを作るTinker氏は物腰は柔らかですが
ものづくりに対するプライドは間違いないものがあります。
アラスカで彼がこれから作るもの、新作とこれからのBushbuddyの未来が楽しみです。

writing / Chiyo




型番
MLG-ot-16
販売価格
15,200円(税込16,416円)
在庫数
売切れ中





20,000円以上のお買い物で
送料無料
営業時間
11:00ー18:00
定休日
土曜・日曜・第一第三月曜
問い合わせ窓口
048-767-3144