トップ アクセサリー 363 Equipment / Tarppatch Sack
363 Equipment / Tarppatch Sack


ホワイトカラーのキューベンファイバーとシックなブラウンの合皮の組み合わせ。
このTarpPatch sackは、山に無数に落ちている木の枝をテントポール代わりに使うために作られました。
底面に使用されている充分な皮の厚さは鋭利な枝の切り口を包み込みように受け止め、
シェルターのナイロン地天井部分に滑ることなく支柱のかわりとしてフィットします。

スタッフサックとしてはULスタイルのクッカーセットとして使用されることが多い
スノーピークまたはVargoの450チタンマグやテラノバ370カップの収納を想定して作られており、
若干高さに余裕がある大きさ。
ライターやスポーク、野天セットを一緒に入れるのにちょうど良い作りです。

また、枝のスペーサーとして使用している時にヘッドライトを入れて開口部のコードを締めれば
キューベン生地が細かく光を分散してくれ、柔らかい印象のハウスライトとしても活躍します。

重量は21g。
トレッキングポールを必要としないアクティブ派のハイキングスタイルならば大幅な軽量化ははもちろんのこと 自然のものを活用して山で生活する楽しみを実感できる
独自の佇まいが魅力の一品です。

 

 

▼ 画像をクリックすると拡大します。


363 equipment
 


重量 21g
 
サイズ 高さ12.5cm x 直径7.5cm
素材 Cuben fuber / Leather
 
カラー White/Brown
 




普段はなにも気にせず通り過ぎてしまう落ち木たち。
しかし、テントポールとして活用してみると本当に様々な表情の木々があるんだなと気付かされます。
スプーンやサングラスを引っ掛けておくのにちょうどよい出っ張りや、枝の分かれ目など同じものは一つとしてない。
夜が明けたらそのままトレッキングポールとして活用し、旅の友としてもいいでしょう。
いつもと違う山の楽しみを教えてくれる、そんなきっかけになるアイテムです。

writing / Chiyo




型番
MLG-363-06
販売価格
4,200円(税込4,536円)
在庫数
売切れ中





20,000円以上のお買い物で
送料無料
営業時間
11:00ー18:00
定休日
土曜・日曜・第一第三月曜
問い合わせ窓口
048-767-3144