トップ フィールドギア 海千山千會 / UNHALFDRAWING 越前 眼鏡 見在(げんざい)
海千山千會 / UNHALFDRAWING 越前 眼鏡 見在(げんざい)
※新色Midnight blue販売開始



「真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目を持つことだ。」
マルセル・プルーストのその言葉のように、手強い山と対峙する強烈な山行を経験すると、目の
前の景色がしばらく大きく変わって見える。

頰の感覚がなくなる強風、いつまでも見えない頂上。冷たい激流の流れ、寄せつけない花崗岩の
硬さ。焦り、恐怖、安堵、そして開放感。様々な感情が濁流のごとく押し寄せる。ふと、遠くを
見つめた先はいつもと違う色彩の景色が広がっていた。

このアイウエアは眼鏡として、サングラスとして使用出来るように作られているが、命名された
見在(げんざい)とは今、目の前に存在している景色そのもののことを意味している。だが、その
レンズを通して同じ景色が、どのような色で見えるかは装着した人それぞれによって全く異なる。

蜘蛛の目がアイデアの分岐点だったという、広い視野で見ることに適したこのゴーグルのような
フレームは、海千山千會の同人立沢と鯖江の眼鏡デザイナーMganerockの雨田氏という強烈な
二つの個性から作られた。二人はアドビ・イラストレーターのベジェ曲線を修正上書き保存する
という、データファイル上の文通を繰り返した末に、このユニークな曲線の眼鏡を誕生させた。

BonzaipaintからTRANSIENT EXISTENCEを経て、UNHALFDRAWINGへ。
そのスタートを飾るのは、新しい目を持つための道具でなければならなかった。と立沢は言う。
「日々旅にして、旅を栖とする」海千山千會の新プロジェクトであるUNHALFDRAWINGを
是非体感して欲しい。

海千山千會  千代田高史

左。上。右。下。上。左。えーと、下かな。分かりません。分かりません。では次は左眼です。
『見』という漢字は、会意文字で目と人の象形から成立した。大きな目の人が見るの元だそう。
さてひと口に『みる』と言っても様々な意味がある。大辞林のアプリでは約千五百字を使って、
その多彩な意味を紹介している。ランドルト環の切れ目が左右上下どこに見えるかというのは、
一〇覲个砲茲辰董∧の形・色・様子などを知覚するという基本的な見るの意味になる。他に
一ヂ減澆魍稜Г垢襦GГ瓩襦ある。この意味も私たちはよく使う。「まれにみる秀才」など。
一κ事の状態などを調べる。「味をみる」「湯かげんをみる」味覚や触覚に「みる」を使う。
一㋐判断する。「世間を甘くみる」㋑診断する。「患者をみる」㋒うらなう。「手相をみる」
一経験する。「馬鹿をみる」「痛い目をみる」馬鹿を体験した、ではどうにも実感がわかない。
まれにみる秀才が世間を甘くみて痛い目をみた。このような文章は、あゝあるある。と誰もが
思い気にも留めないが「みる」という動詞の実用性の高さ、そして何よりも通りの良さがある。
二‘飴譴力⇒儼舛暴詞「て(で)」を添えた形に付いて用いられる。㋐(意志動詞に付いて)
ある動作を試みにする意。「旅行にでも行ってみたくなった」「男もすなる日記といふものを、
女もしてみむとてするなり/土左日記」男がする(書く)という日記というものを、女(私)
もしてみようと思ってする(書く)のである。
「みる」の表記は「見る」が物の形や色を目で感じる。判断するの意味で「窓の外を見る」
「湯加減を見る」「世間を甘く見る」。「観る」は見物する。眺める。芝居などを鑑賞するの
意味で「桜を観に行く」「芝居を観る」。「診る」は診察するの意味で「医者に診てもらう」
「患者の脈を診る」。「看る」は世話をするの意味で「病気の親を看る」「病人を看る」。
漢字にするとそれぞれ違う印象を受けるが、発声は「みる」であり、「患者さんをみてきて!」
と通常私たちは感じるようにぼくには思える。「みる」は文字に先立ち、最も人類と近い言葉
ひとつではないだろうか。「いないないバァー」赤児にとって多くの場合、母が「みる」最初
の対象であり、やがて起こる「みる」ことの発展こそが、人そのものの独自性に思える。
海千山千會 立沢木守


作家紹介

■UNHALF DRAWING

海千山千會同人の立沢トオルによるプロジェクト。
BonzaipaintやTRANSIENT EXISTENCEは時を経てなお
熱烈なファンを持つ。UNHALF DRAWINGは立沢の現在
思考、グラフィックワークを知るための道しるべとなるだろう。



■MEGANEROCK
雨田大輔によるブランド
1980年鹿児島県生まれ
2007年福井県鯖江市に移住。
2014年独立『MEGANEROCK』立ち上げ。
眼鏡のデザインから施行まで自らの手で作り上げる。
その一貫したものづくりスピリッツに国内外に多数ファンを持つ。




▼ 画像をクリックすると拡大します。






海千山千會(ウミセンヤマセンカイ)
 


サイズ フリーサイズ
重量 37g
材質 フレーム: プラスチック
レンズ: プラスチック
カラー

■Black
Clear
Midnight blue

備考 度付きのレンズは付属されません。



クラシックなナス型でもウエリントン型でも無いこの形はオリジナルでありながらもどの人にもフィットしやすく仕上がっていると思います。
出来上がったフレームを老若男女様々な人にかけてもらったのですが
それぞれの人の個性を引き出すフレームで驚きました。
この眼鏡制作の想いである新しい景色を是非フレーム越しにみてもらえたらと思います。

writing / Chiyo






型番
MLG-UMI_06
販売価格
34,000円(税込37,400円)
購入数
・ カラー





20,000円以上のお買い物で
送料無料
営業時間
12:00ー18:00
定休日
発送:土曜・日曜・祝日
問い合わせ:火曜・水曜
問い合わせ窓口
03-6884-8143