• Home
  • HUSEGU
  • HUSEGU / トレイルモスキートネット

HUSEGU

HUSEGU / トレイルモスキートネット

HUSEGU01-H

HUSEGU / トレイルモスキートネット
HUSEGU / トレイルモスキートネット
HUSEGU / トレイルモスキートネット
HUSEGU / トレイルモスキートネット
HUSEGU / トレイルモスキートネット
HUSEGU / トレイルモスキートネット
ハット用

ハット用

HUSEGU / トレイルモスキートネット
HUSEGU / トレイルモスキートネット
キャップ用

キャップ用

HUSEGU / トレイルモスキートネット
HUSEGU / トレイルモスキートネット

HUSEGU

HUSEGU / トレイルモスキートネット

HUSEGU01-H

¥1,540 (税込)

option

HUSEGU 
トレイルモスキートネット

つけているのを忘れる快適さ
僅か18gのヘッドネット

夏の暑い低山や沢歩き、藪漕ぎの際にあると安心できるのがこのトレイルモスキートネット

そもそもそんなところで快適に歩けたら苦労しませんが、奥深く藪の中や沢を進むことにロマンがあるのが冒険の楽しみ。

このヘッドネットの特筆する点としては、帽子と組み合わせることを前提に作られ、顔にネット部分が当たらずつけているのを忘れるくらいのしなやかな生地にあります。
スタッフサックから取り出してすぐでもシワになりにくく ポリエステル100%のハリのある素材のため視界はとても良好です。

外国系ブランドヘッドネットは軽さだけなら同等かこれよりも軽いものがありますが
呼気もたまる感じが全くないのがこのアイテムの素晴らしさ。さすが日本企画です。
ハードな坂道や藪漕ぎ、夜寝る際にそのまま使用しても全く不快感はありません。

首回りは長めの設計でドローコードがついているため下からの虫の侵入も心配なし。
クルーネックとの合わせでも露出部分がないので合わせる服も選びません。
そしてやはりツバのついたキャップやハットと使用することで顔に全くかかる感じがないのが素晴らしいです。

タープ泊やカウボーイスタイルで野営をする際もこのヘッドネットを組み合わせることで蚊帳の代わりをこなしてしまうのも良いアイデアでしょう。帽子を被ったままなら思いのほか快適。
蚊帳付きのビビィとそうでないビビィは平均して80gは重量が違いますから あえてこういったアイテムで凌ぐのもかなり有効なのではないでしょうか?


SPEC / 商品スペック

サイズ
ハット用 : 9×6.5×3cm(収納時)
キャップ用 : 9×6.8×3cm(収納時)
対応サイズ
ハット用 : 約52-66cm
キャップ用 : ほとんどのキャップに対応
重量
ハット用 : 約15g(収納袋含む)
キャップ用 : 約18g(収納袋含む)
素材
本体:ポリエステル
スタッフサック:ナイロン
備考
・有害な薬剤などは一切使用していませんので、子供も安心して使えます。
・キャップ用はメッシュが触れやすい耳部分に二重にメッシュを配置しているので、耳の虫刺されを防ぐことができます。
※この素材には蚊が嫌がるモスキーヒ加工されたメッシュ生地を採用しています。
 
 

COLUMNコラム

個人的に様々な蚊帳を使用してきましたがこのヘッドネットはどのアイテムよりも断然軽く、コンパクト。それでいてキャップやハットと合わせることで顔に当たる感じもなく、 少し藪や沢沿いでのテント泊をする際には必ず持っていく必須アイテムです。

夜タープの下でごろ寝する際もわざわざ大きな蚊帳を持たずともこれさえあれば安心。
寝袋に入ってしまえば首から下は刺されないので車中泊にも大活躍中です。

writing / Hattori

最近見た商品