• Home
  • AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE PULLOVER 軽Edition

AXESQUIN

AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE PULLOVER 軽Edition

AXESQUIN13-S-NG

AXESQUIN × Moonlightgear  WOOL FREECE PULLOVER 軽Edition
AXESQUIN × Moonlightgear  WOOL FREECE PULLOVER 軽Edition
Navy/Gray

Navy/Gray

Beige

Beige

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M着用

モデル身長174cm 体重64kg サイズ L着用

モデル身長174cm 体重64kg サイズ L着用

AXESQUIN

AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE PULLOVER 軽Edition

AXESQUIN13-S-NG

¥23,100 (税込)

size
color

AXESQUIN × Moonlightgear
WOOL FREECE PULLOVER 軽Edition

絶妙な使い勝手が他にない
山に旅に使えるウールプルオーバー

山だけでなく自然が近いアクティブな日常、そして旅。
自分たちが本当に着たいものを既存ブランドに別注する企画”軽Edition”
今回は”凌”をテーマにするアクシーズクインと対話して出来上がった一着です。

WOOL FREECE PULLOVER 軽Editionはやわらかいウールにフラノ毛加工した
高品質な尾州ウールを採用。毛足が長く、とても柔らかい着心地が特徴です。
防臭性能にも優れ、山に車中泊に農作業にと連日アクティブに過ごしても臭くなりません。

広めの身幅のクラシックフリースの形を彷彿とさせるシルエットはゆったりと体温の暖かさを保持してくれ、ミッドレイヤーとしてもアウターとしても使いやすい ダブっと着るセーターのような感じで使える魅力があります。

そしてこのプルオーバーだけの特徴は通気度109㎤/㎠・sという通気性能。
天然素材の編み生地のアクティブインサレーションとして熱気を外に出す能力にも優れます。
合わせるベースレイヤーの厚みによって冬の低山から極寒期の雪山ハイクアップにも使いやすく 長く設計したジッパーは空気の入れ替えをより促進させます。

かといって、暖かくないのか?と言われれば全くそうではなく、面白いのは超薄手のウインドシェルを一枚上に羽織るだけでも体の熱を一気に留めるモードになるところでウールが暖かい温度をそのまま伝えてくれるので停滞時のダウン代わりとしても寝袋の中でしっかりとした暖かさを担保してくれるのがとても魅力的。

普段の生活着としてこの”絶妙に暖かい感じ”に慣れると自然と毎日手が伸びてしまう一着になるでしょう。

焚き火にも気にせずガンガン当たれるところもGOOD。
首も高すぎず、シャツと合わせたりフーディを中に着れる具合を微調整。
シンプルでありながら他にない、特別な一枚に仕上がっていると思います。



SPEC / 商品スペック

サイズ 着丈(cm) 身幅(cm) 肩幅(cm) 袖丈(cm)
S 68 52 56 57
M 70 55 58 59
L 72 58 60 61
素材
本体: ウールフラノ起毛加工
部分使い: ウールツイード
組成
ウール88%、ナイロン10%、その他2%
カラー
Navy/Gray
Beige

※サイズ選びの参考として

Mサイズ
(172cm/62kg 中肉中背)ジャストフィット

Lサイズ
(172cm/62kg 中肉中背)ゆったり目フィット

※サイズ感はあくまで目安となります。
※実際の着衣長は下図とサイズ表を参考にしてください。
※より詳細なサイズ感を知りたい方は、メール、TELにてお気軽にお問い合わせください。

 
 

COLUMNコラム

山で使うよりも、出張中に疲れない旅ウエアとして製作を始めた一着ですがテストを重ねるうちにだんだんと山でも着ることが多くなった一枚。
ザックを背負ってる背中が暑くなりすぎずにサラサラ着れる感じは特別です。
薪割りの時なんて最高だし、気軽な山の散策もつねにこれ。やっぱり天然素材の良さも十二分に感じることができる。
2tacsの軽EditionのBAA#3フーディとの組み合わせが最高すぎてこの冬はこればかり着てしまいそう。 0度を下回るときなんかはこの上にダウンでも着れば暖かさは完璧だし、ミッドレイヤーとしても使いやすいのが本当に重宝してます。

writing / Chiyo

最近見た商品