• Home
  • AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition

AXESQUIN

AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition

AXESQUIN14-S

AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition
AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition
AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition
モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

モデル身長174cm 体重58kg サイズ M 着用

AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition
AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition

AXESQUIN

AXESQUIN × Moonlightgear WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition

AXESQUIN14-S

¥19,800 (税込)

size

AXESQUIN × Moonlightgear
WOOL FREECE BOTTOMS 軽Edition

とにかく最高の履き心地!
冬中、旅に山に手放せないウールパンツ

山だけでなく自然が近いアクティブな日常、そして旅。
自分たちが本当に着たいものを既存ブランドに別注する企画”軽Edition”
今回は”凌”をテーマにするアクシーズクインと対話して出来上がった一着です。

このWOOL FREECE 軽Editionシリーズはやわらかいウールにフラノ毛加工した高品質な尾州ウールを採用。毛足が長く、とても柔らかい着心地が特徴です。防臭性能にも優れ、山に車中泊に農作業にと連日アクティブに過ごしても臭くなりません。

腰回りや太もも周りは適度な太さ。
秋から冬に移行する気温から真冬の日常生活の生活着として最高の使い心地です。リラックスして履けるで旅着や車中泊。ゆるい里山ハイキングまでクロスオーバーにこなします。
シンプルな股周りに、ポケットは前2つ、後ろにチャック付きのポケットと街中で着用して違和感のないデザインを追求しました。

そしてこのパンツの最大の特徴が通気度109㎤/㎠・sという通気性能。
天然素材の編み生地が熱気を外に出す能力にも優れるのでクロカンスキーやスノーシューハイク時は風が吹けば空気が通り雪山散策で使いやすいのも特徴。

かといって、暖かくないのか?と言われればそうではなく、ウールならでは熱の蓄え方が独自。じんわり暖かく真冬でもこれ一枚でしっかりと足元を保温してくれる優れものです。
特に日差しを受けると独特の暖かさを持ち日光浴しているような気持ちよさ。
ウール生地なので焚き火にも強く熾火からなんとも言えない暖かさを備蓄してくれる感覚です。この気持ちよさは一度履くと病みつき。
もちろん寝袋に入ってしまえば体の熱を一気に留めるモードになりウールが暖かい温度をそのまま伝えてくれるので冬のキャンプや車中泊のお供としても最高です。

とにかく普段の生活着としてこの”絶妙に暖かい感じ”に慣れると12月移行、自然と毎日手が伸びてしまう一着になるでしょう。

日常から旅、そして山の散策。
自然の中で生活するのが好きな人には欠かせない一着になりますよ。



SPEC / 商品スペック

サイズ ウエスト(cm) 股下(cm) 裾巾(cm) 重量(g)
S 72-90 76 16.5 373
M 78-94 78 17 393
L 82-100 80 17.5 418
素材
ウールフラノ起毛加工、ポリエステル
組成
生地 : ウール88%、ナイロン10%、その他2%
部分使い : ポリエステル100%
カラー
Charcoal

※サイズ選びの参考として

Mサイズ
(172cm/62kg 中肉中背)ジャストフィット

※サイズ感はあくまで目安となります。
※実際の着衣長は下図とサイズ表を参考にしてください。
※より詳細なサイズ感を知りたい方は、メール、TELにてお気軽にお問い合わせください。

 
 

COLUMNコラム

昨年このパンツのサンプルテストを兼ねて北海道へ2週間のスノートリップに行きました。
終始さまざまな環境で履いて気持ちよく、洗わずにずっと履きつづけることができる冬のトリップウェアとしてもう手放せない一着となりました。
その後は2月の北八ヶ岳へBCクロカンで着用しましたが歩いていても暑くなり過ぎず、夜もダウンパンツなしで寒くもなくそのまま寝袋に包まれれば気持ちがいいと毛足の長さの濡れへの強さも実感。

偉大な先人はスキー、雪山ハイキング、アルパインパンツにウールを好んで選んでいたということを知ってから開発に乗り出したパンツ。 ぜひ冬の一本として楽しんでもらえたらと思います。

writing / Hattori

最近見た商品