トップ クロージング 363 Equipment MAPLE NINJA GEAR(Mt,ver)
363 Equipment MAPLE NINJA GEAR(Mt,ver)


ULマインドを軸に様々な化学変化を実験するメーカー"363equipment"が、"TACOMA FUJIRECORDS"と
コラボレーション。
今期は昨年度よりも速乾性に重点を置いたハイシーズンの山でより使いやすい化繊ボディを使用し、
山と街を一枚でつなぐ肩肘を張らないハイキングを提唱します。
2014年夏はジェリー鵜飼氏のアートワークを起用。
バックプリントにはULハイカー御用達のアイテム達が登場します。

■ MAPLE NINJA GEAR
1970年代より音響技術師としてモジュラー系アナログシンセを制作し続けてきたハンター・ラッドが、
2004年にニューハンプシャーにある自宅のガレージで始めたアウトドア・ガレージメーカー。
ラッドはレイ・ジャーディンが92年に出版した「PCT Hiker Handbook」に強い感銘を受け
、長年制作し続けてきたオリジナル・アナログシンセを大幅に軽量化と簡素化し、
結果として氏が作る音楽(ラッドは音響系作曲家として7枚のアルバムをリリースしている)にも
その影響が強くみられる。
MNGもレイ・ジャーディンの提唱するULスタイルを取り入れた超軽量ギアをメインに制作している。
ビート・禅の流れをくむニンジャシリーズ(全てのギアはマットブラック塗装が施される)は
予約してから納品されるまで1年以上待たされるほどの超人気商品。
*このストーリーはフィクションです。




■ジェリー鵜飼 Jerry UKAI
アートディレクター&イラストレーター。
1971年生まれ。静岡県出身。バリカンズ所属。
アウトドアやアパレル、CDジャケットなど、ファッション〜カルチャー〜ミュージックなど全方位にて活動中。
スタイリスト石川顕氏とブランド「ウルトラヘビー」を始動。

■TACOMA FUJI RECORDS
東京をベースに2008年からスタートした架空のミュージックレーベル。
実在しないミュージシャンやバンドのマーチャンダイズのみを不規則にリリースし続ける異能のブランドながら、五木田智央やJerry鵜飼等国内の第一線のアーティスト、デザイナーが参加。「Tシャツ」というメディアに特化した活動に、一部好事家から絶大なる指示を得ている。



▼ 画像をクリックすると拡大します。



363 EQIPMENT

 

 
サイズ 着丈(cm) 身幅(cm) ゆき(cm)  
XS 60 45 35  
S 64 49.5 38  
M 67 52.5 40  
L 70 54.5 42  
 
重量 100g (Ssize)
素材 ポリエステル
Fabric ダブルフェイス生地(表 : フラット、裏 : メッシュ)
Color White
 








型番
MLG-363-03
販売価格
5,000円(税込5,400円)
購入数
・ Size





20,000円以上のお買い物で
送料無料
営業時間
12:00ー18:00
定休日
土曜・日曜
問い合わせ窓口
03-6884-8143