• Home
  • Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest / ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト

HYPERLITE MOUNTAIN GEAR

Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest / ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト

HMG05-S

Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest /  ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト
Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest /  ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト
Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest /  ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト
Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest /  ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト
Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest /  ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト

HYPERLITE MOUNTAIN GEAR

Hyperlite Mountain Gear 3400 Southwest / ハイパーライトマウンテンギア 3400 サウスウエスト

HMG05-S

¥62,480 (税込)

size

HYPERLITE MOUNTAIN GEAR
3400 SOUTHWEST

大容量で使いやすい
一番タフなハイキングモデル

2010年アメリカ東海岸の最北部で誕生したブランド、HYPERLITE MOUNTAIN GEARは
1990年代のウルトラライトの思想を軸に”頑丈さ”をプラス。ハイキングだけでなくクライミング、MTBなどハードなアクティビティにも対応する新しいスタイルでのULスタイルを発信している振興メーカーです。

この3400 Southwest (Black)は同社の55Lのラインナップの中で一番タフに使える防水モデル。
ブラックカラーの本品は全体の素材を150DのCuben&Polyester(a.k.aハイブリッドキューベン)を使用。
さらに名品Windriderのフロントメッシュポケットを岩場や藪などに負けないように、ダイニーマXに変更したモデルで、軽さはそのままによりどのモデルよりも”乱暴に、どこまでも”旅ができるバックパックに仕上がっています。
このSouthwestとWindriderがユニークなのはULザックを軸にしながら脱着可能な背面ステーを搭載している点。

積載重量は9kgから18KgまでOKというスペックどおり、装備が軽くに済んだ時はステーを外してULらしいシンプルなパッキング楽しめる一方、複数人用の自立テントをボッカしたり、クライミングロープやスノーシューなどハイキングに要素をプラスしたい時の重量増のときはステーを装着を推奨するつくりです。

実際に背負ってみると荷物が重くなればなるほどしっかりと腰回りに重さが乗っかるつくりで14kgくらいまでは違和感なく背負える印象です。
さらにはかなりしっかりした防水モデルなので絶対に濡らしたくない荷物を入れる雨対策のインナーの防水サックを一回り薄くしても安心だということ、また150cm台後半の女性でもしっかり背負えるSサイズからラインナップされているのも特筆すべき点。

また、Southwestはフロントポケットがダイニーマのモデルなので適当に道具を入れても雑多に見えないのも嬉しいポイントです。

同社の設定の中で最も強いつくりを活かすべく、山泊だけでなく岩や川、海外の長期遠征でも思いっきり使ってもらえたらと思います。



SPEC / 商品スペック

容量

55L
重量
S : 947g 
M : 965g
背面長サイズ
S : 38.1cm - 43.18cm
M : 43.18cm - 48.26cm
→︎背面長の測り方
素材
ボディ : 150D Dyneema®/Poly hybrid 
ボトム : Double reinforced 150D Dyneema®/Poly hybrid
ポケット : Dyneema® Hardline
カラー
■Black
備考
フレーム付き
 
 

COLUMNコラム

冬の使い方としてフロントポケットにスノーシューをザクッと入れられるのが気に入っています。

アイゼンもサイドポケットに雑多に入れておけ、1Lのテルモスもしっかりホールドしてくれるので 冬のスノーハイキング用としてもバッチリ活躍しますよ!

writing / Chiyo

最近見た商品