• Home
  • 商品
  • FireDragon / ファイヤードラゴン

Fire Dragon

FireDragon / ファイヤードラゴン

FireDragon01-A

FireDragon / ファイヤードラゴン
FireDragon / ファイヤードラゴン
FireDragon / ファイヤードラゴン
FireDragon / ファイヤードラゴン
FireDragon / ファイヤードラゴン
FireDragon / ファイヤードラゴン
FireDragon / ファイヤードラゴン
FireDragon / ファイヤードラゴン

Fire Dragon

FireDragon / ファイヤードラゴン

FireDragon01-A

¥935 (税込)

set

FireDragon

固形燃料の新革命
煤0で火力も強い特別版

FireDragonは固形燃料に新たな革命をもたらす燃料。
破棄される野菜や穀物から抽出したエタノールを原料としたエコロジカル。
特筆する点は下記3点にあります。

①火力の強さ
1つあたり約11分の燃焼時間を持ち、半分で400ccのお湯を約4分半ほどで沸く火力は今までの固形燃料にはないもの。

②燃焼ガスは無臭・無毒
燃焼ガスは無臭、無毒のためシェルター内でも使うことが可能。
本国ではVANLIFERが社内で撮影している投稿もみることができます。(換気は必須)

③着火のスムーズさ
通常の固形燃料はなかなかライターのみでは火がつきづらく、アルコールを少したらしたりと工夫しないといけませんが、このFireDragonはとても着火が容易でライターはもちろんのこと、スターターでも素早く着火することができます。

200cc〜300ccほどのお湯を沸かす場合はナイフで1/3にカットすれば沸かすことができ、アルファ米やコーヒーなどのお湯を分割して沸かすことができます。
ナイフで切った後ナイフに付着した固形の粕はエタノールとなるため消毒効果がありその後食品を切っても問題ありません。3シーズンのテント泊時に1つ(27g)あれば3分割し、夜はアルファ米のお湯を沸かし、スープ分のお湯、そして朝はコーヒーの分とかなり省エネ。

長期の山行になればなるほど燃料のトラブルを防ぐために念入りになりますが、この固形であれば何泊分の燃料を持っていくのかすぐに判断できますし、スムーズな着火ができるためストレスなく使うことができます。

冬は燃料切れのエマージェンシー用にお湯を沸かすために持って行ったりと様々な場面で活躍してくれますよ。鍋底には煤もつかず、土台に着いた煤は生分解性のため簡単にとれ環境負担もありません。

固形燃料の新定番として 火力はもちろん環境面の意識と、今後ULハイカーにも根付いていくアイテムとして注目です。



SPEC / 商品スペック

入数
6個セット
12個セット
重量
27g /個
素材
エタノール91%
凝固剤9%
注備
1.着火後、固形燃料は液化します。そのため液体をこぼさない構造のストーブで使用してください。
2.個包装を開封した後は気化しますので、早めに使用してください。
3.この製品は固形燃料のみで、ストーブは付属しません。

自然発火温度363度(よって、放置により勝手に発火はしない)

Made in Wales
 
 

COLUMNコラム

この冬から様々な環境で使用していますが、 火力の強さ、無臭無毒で目が痛くならない、煤が出ないと とても固形燃料の使用頻度が多くなりました。

でもESBITだとやはりそこが気になってしまう僕です。 これまた気兼ねなく固形燃料のメリットの恩恵を受けられるってモノ。 固形燃料はやはり五徳、風防をシンプルにすることができ全体の軽量化、そしてフロアレスシェルター内で天候に左右されず使用できます。

このFireDragonの登場により個人的にも固形燃料に対する見え方が変わりました。2020年台の今の装備で新たなシステムを作るのが楽しみですね。

writing / Hattori

最近見た商品