• Home
  • OMM
  • OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125

OMM

OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125

OH014

OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125
OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125

OMM

OMM Mountain Core 125 / OMM マウンテンコア 125

OH014

¥35,200 (税込)

OMM
MOUNTAIN CORE 125

3拍子揃って使いやすい
次世代の化繊寝袋、決定版

雨と霧の濡れたコンディションに対して圧倒的に強いものづくりをするOMMから驚くほど小さく、柔らかい寝心地のシェラフが登場。
化繊寝袋の概念を覆す魅力的な使い心地は雨予報の山行はもちろん 超軽量装備で挑 FASTPACKINGスタイルの用途で特に魅力的に活用できます。

■確かな暖かさ 濡れの強さ
Mountain Core 125に使われている素材は同社で根強いファンを生んだCOREシリーズと同じPrimaloft® ACTIVEを使用。
ライナーとして人気のCORELINERより一層厚い125/m厚を使用しています。
体温の伝達が得意で寝袋に入ってすぐ暖かさを実感することができ、メーカー説明で同社のMountain Raid 100同等の暖かさを実現。
一般的な8〜10℃前後のレーティングのハイシーズン用シェラフです。
また濡れに強く、悪天候でも全く心配のない保温性能はシェラフカバー抜きの床なしシェルターやタープ泊で重宝します。
天候が大きく変わりやすい真夏の長期アルプス縦走などにうってつけの性格を持っています。

■最高にリラックスできる肌触りとストレッチ性能
細かな毛足がバスタオルのようにふんわりと包み込み リラックスして就寝可能な点も見逃せません。
網目状の生地はストレッチがよく効きいて動きやすく毛足が水分を吸い上げて いつでも内側は常にドライな状態が続きます。素っ裸でそのまま入っていたい程の心地よさは、いつでも快眠を約束してくれるでしょう。

■ダウンシェラフに負けないコンパクトさ
化繊寝袋の概念を覆す収納サイズ – 21 x 13cmは同じ温度帯のダウン寝袋と引けをとらない省サイズ設計。
20L前後のコンパクトパッキング時にも持っていける素晴らしいバランスに仕上げているのも特徴です。

あと大事なポイントである価格もかなり抑えられている点も見逃せません。
これからさらに軽量化を進めたり、夏場はもっとアクティブに山を楽しみたいハードユーザーに向けてぜひお勧めしたい魅力的な寝袋の誕生です。



SPEC / 商品スペック

サイズ
全長 : 195cm
肩幅 : 65cm
スタッフサック収納時:21 x 13cm
重量
380g
素材
表地 : PointZero® – 100% 22gsm
中綿 : Primaloft® ACTIVE – 125g
防水性
Green
備考
スタッフサック付属
 

COLUMNコラム

びしょびしょな状況で体をしっかり拭くことができずに寝袋に入ったことありませんか?

濡れた腕が裏地に引っかかってしまい不快なだけでなく、 体が芯まで温めるまで時間がかかる経験をしたことがある人もアルプスの稜線やOMMレースで多いと思うのですが 入った瞬間にふわふわのバスタオルに包まれているような感じで使えるので、そんな状況下でも本当に最高の気持ちで使い続けられる。 本当に素晴らしいなと思っています。

ハイシーズンの寝袋は2021年以降こいつ抜きには語れなくなると思いますね。

writing / Chiyo

最近見た商品