• Home
  • VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット

vargo

VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット

VARGO16

VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット
VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット

vargo

VARGO Titanium Bot / バーゴ チタニウムボット

VARGO16

¥18,480 (税込)

VARGO
Titanium Bot

1つで2役を担う
トレイル生活のための一本

時には水筒やフードキャニスターとして…
時にはポットとしてお湯を沸かせる1つで2役を担うのが「BOT」。
ボトルとポットを組合せた造語からできたアイテムです。

クッカーとして火にかけて湯を沸かし、蓋を締めればボトルとして内容物をこぼさずに持ち運ぶことができるユニークなアイテム。

1Lの蓋付のクッカーとして考えると147gとかなり軽量に作られていて VARGOらしいくすみのあるマッドなチタンは雑に扱っても凹んだりしないしっかりとした作りが魅力です。蓋内部はシリコン付き。隙間なく内容物をこぼさず目的地まで運べます。火にかける際は裏返して上蓋として使ってください。沸騰まで時間を短縮してしっかり沸かします。

メモリも100ml毎についており(300ml〜900mlの間)2人〜3人前の食事を作ったり、
多めにアルファ米やご飯を作り行動食として持ち運んだりと水の量を正確に測ることができます。

食事を終えた後は水を入れ、ぎゅっと蓋を閉めてシェイクすればパスタソースや味の濃い食事の後もきれいに洗うことができるのも他のクッカーにない魅力。
内径が96mmのため食事もしやすく、長めのスポークやTritensilのRegularサイズを合わせて 毎日山での食事をしっかりと一つで行うことができます。

持ち手も省いた潔さもよく、アルストや固形と合わせる際も縦長の構造のため
MLGオリジナルのシリコンバンドやカーボンフェルトと組み合わせて自分なりのアレンジができるのもGood。ゴリゴリのULアイテムでありながら、実際に使うとそれ以上に使いやすくのが驚き。食事やを楽しみたいハイカーにとってはおすすめの一品です。



SPEC / 商品スペック

容量
1.0L
サイズ
外径105mm、内径96mm × 高さ160mm
重量
147g
素材
チタン

 

COLUMNコラム

アメリカの長距離ハイカーの愛用者がとても多いBOT。個人的にも一度使って一発で好きになりました。 クッカーとして、ボトルとしてとても使いやすいのが気に入っています。

今までのクッカ−では袋飯やウェットティッシュで拭きあげないと嫌なタチでしたが、 Small Twistやパスタソースなど味の濃いものを食べた後に水を入れ蓋をシェイクすればきれいになり、次回のお湯を沸かす際やコーヒーを入れる時も味や匂いがつかずに食事を楽しむことができる点が特に気に入っています。

あと朝にアルファ米と水、塩昆布を入れて歩いている間に適度に振られ火を使わずに行動食を作ることができるフードコンテナ的な使い方も◉。

クッカー、食料を運ぶコンテナ、ボトルどれをとってもとても優秀でおすすめのアイテムです。

writing / Hattori

最近見た商品